しみ対策をしたいと思っても、いつから行えばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか? まず、しみが本格的に出始めるのは、30代〜40代くらいからです。 若い頃から紫外線を大量に浴びている人であれば、20代でしみが発生する可能性もあります。 そのため、しみ対策は早ければ早いに越したことがないので、できれば10代のうちから行っていた方がいいでしょう。 しかし、だからといって、20代や30代から始めても意味がないという訳ではありません。 確かに、10代から始めている人よりはしみができやすいですが、しみ対策をしないよりはよっぽどいいです。 20代や30代になっても何もせずに肌を放置していると、しみがたくさんできてしまいます。 でも、危機感を感じてしみ対策を始めれば、しみを減らしたり、薄くすることは可能です。 しみ対策に遅いということはないので、危機感を持ったのであれば今すぐにでも行うのがベストなタイミングだといえます。